2017年10月アーカイブ

賢いですねグーグル

グーグルでの広告で、いろいろと調べていると、
グーグルってすごいなーーー!ってことが分かります。
誰がやってるんだーー?とも。
でも自動でやってるんですね。

広告をだすにあたって予算を入力するのですが、クリック数が少ない場合で
予算以下だった場合はどうなるの?

クリック単価制をご利用の場合、設定する上限クリック単価を基に、
1 回のクリックあたりの課金額が決まります。
この上限クリック単価は、広告の 1 回のクリックに対して支払う上限額です(入札単価調整や拡張 CPC をご利用の場合を除きます)。

ただし、実際に支払うのは、毎回の広告掲載順位を確保したり、
特定の広告フォーマットで広告を表示したりするために必要な最低限の額になります
(ディスプレイ ネットワーク キャンペーンに適用されるサービス手数料がある場合は、それも含まれます)。
このため、実際のお支払い額は上限クリック単価よりも少なくなることがほとんどです。
実際に払う金額は、実際のクリック単価と呼ばれます。

なので、クリック数が少ない場合は代さん組んでもあまる、ってことになりますね。

やっていくうちに分かるようになっていくかな。
まだまだ勉強中です。

このアーカイブについて

このページには、2017年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年9月です。

次のアーカイブは2017年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。