ロシアの歴史

皆さんはロシアの、レニングラード、という言葉をご存知ですか?
あまりよく知らない?

私も、名前だけは知ってるけそれが何かはよく知りません。
一緒に勉強していきましょう!

独ソ戦における戦いのなかでも特異な戦役ともいえる「レニングラード包囲」。
ドイツ軍は当初、北方軍集団によって、この帝政ロシア時代の首都占領を目指しますが、
結局は、ヒトラーが街全体を包囲することで「飢死」させることを選択します。
有名な「キエフ包囲」や「スターリングラード包囲」の対象となったソ連軍やドイツ軍ではなく、
ここで包囲されたのはレニングラード市民です。

レニングラード包囲戦は、ナチス軍が1941年9月8日から1944年1月18日までの872日もの間、
レニングラード(現サンクトペテルブルク)を包囲し、
それによって150万人ものソ連軍とレニングラード市民が
犠牲になったと言われている悲惨極まりない戦闘でした。

そんな大勢の犠牲者を出していたソ連軍は1943年1月12日に決死の反攻作戦(Operation Iskra)を決行します。
そして1月18日には、完全に周囲からシャットアウトされ陸の孤島と化していたレニングラードへ続く陸上ルートが確保されました。

遂に包囲戦が終わった時でした。

更に少しの間、ナチス・ソ連両軍間の砲撃戦は続いたものの、
1944年1月27日にドイツ国防軍はレニングラードの南部まで押しやられました。
これが事実上の解放となったのです。

うーん、、、本当はもっとすごいことがあるんだけど、
とても書く気になれません。。

このブログ記事について

このページは、さなが2018年1月 1日 23:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「便二回法」です。

次のブログ記事は「ぺらいち」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。